便秘=女性 というイメージがありますよね?
なぜでしょうか?

腹筋がゆるんでいませんか?


腸というのは筋肉です。
排便は、腸という筋肉の”ぜん動運動”によって起きます。

しかし、腸そのものがゆるんでいると、ぜん動運動が弱々しくなってしまいます。

ではなぜ腸がゆるむのかというと、腸を支えている腹筋が弱っているからなんです。

便秘解消 腹筋運動 

腹筋を強くしっかりさせると、腹膜が腸を刺激して腸の血流が良くなり、腸が活発に動き出します。

また、腹筋は排便時に力んだ圧力にもなるので、腹筋をしっかりと鍛える事で便秘が改善されます。


なぜ女性は便秘が多い?


それは、男性に比べて女性は筋肉量が少ないからです。

加えて、男性は腹式呼吸ですが、女性は胸式呼吸

無意識に腹筋を使っている男性に比べ、女性は筋肉量が少ない上に普段から腹筋を使う機会があまりありません。

さらに、女性は男性よりも少し腸が長い人が多いので、それも便秘を助長していると言われています。

腹筋を鍛える事は健康体への最短距離


女性の場合は特に、腹筋を鍛えることが便秘解消への礎となるはずです。

特に、事務系の仕事の人に多いのですが、普段から運動をしていない人などは腹筋を使う機会があまりありませんからね。

便秘解消 腹筋 

腹筋を鍛えれば、便秘解消にも役立ちますし、血流が良くなることで冷え性解消にもなります。

腸が”腹筋の壁”によって正しい位置に収まるので、下っ腹ぽっこりも解消できますし、姿勢が良くなるのでスタイルが良く見えます。

さらに良いことに、正しい歩き姿勢ができるようになることで、歩くだけで腹筋を使う事にもなり、一石二鳥どころか一石三鳥、四鳥という事にもなりますよ。

座っていても腹筋は鍛えられる!


座って 腹筋 

座っている状態でも、腹筋は鍛えられます。

机の上に手を置き、腹筋を使ってその手を下に強く押すんです。

腹筋にグッと力が入っている状態で息を止め、10秒間静止します。
これは、アイソメトリックという筋力トレーニングの方法。

10秒後に息を吸いながら、ゆっくりと腹筋を戻していきます。

腹筋あたりを意識してみて、「なんだか腹筋がキリッとした」と感じたら、それは鍛えられているという事。

時間がある時にやってみてください。
少し腹筋に痛みを感じるくらいのほうが、短期間で鍛えられます。

もちろん、無理をし過ぎると腰を痛めたりするので、無理のない程度に。

座っていても、工夫次第で筋トレはできちゃうものです。



» 記事の続きを読む

タグ