便が固く、出てもコロコロ便・・・その原因と解消法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロコロ便をスッキリと解消するためには腸内環境改善が必須


コロコロ便の解消には、腸内環境の改善が最低限必要となります。


腸内環境を改善するためには、腸内の善玉菌を増やす以外に方法がありません。

⇒ コロコロ便をスッキリ解消させる方法はこちら




コロコロ便というのは、要するに”水分が少ない”便です。

では水分をたくさん摂ればコロコロ便は解消されるのかというと、それだけではダメなんです。




あなたも水分は意識してたくさん摂っているはずですよね?
でも、コロコロ便が解消されていません。


摂った水分は、ほとんとが尿となって出て行っているだけ・・・そんな感じではないですか?



その原因は、腸内環境が整っていない、つまり、

善玉菌が少ないために腸が正常に働かず、せっかくガブガブと飲んでいる水分をうまく便に与えられていないから。




便秘になったら水分や食物繊維をたくさんとりなさい・・・
と言われます。



それは、

正常な便を作るための工場

である

腸の環境が整っていない限りはムダ

になります。


町の工場でも同じだと思いませんか?
どんなに大量の良質な原料を仕入れても、工場のベルトコンベアの調子が悪かったり、働く社員がサボってばかりいたら良い製品などできないですよね?



同じように、腸の環境が正常じゃないのに、たくさん水分や食物繊維を摂っても、正常な便に活かす事などできるわけがありません。


逆に環境が整っていない腸に、大量の水分や食物繊維を放り込むことで、体が冷えてしまってますます血流が悪くなったり、食物繊維が腸に詰まったりして便秘が悪化するだけなんです。



腸が正常なぜん動運動をするためには、善玉菌を多くして腸内を”酸性”にしなければなりません。

善玉菌の99.9%はビフィズス菌と呼ばれる菌です。



まずは、腸内をビフィズス菌が住みやすい環境にしてあげること。

ビフィズス菌が住みやすい腸は、正常な機能を取り戻すので、便に適切な水分を与えて正常な便を作る環境が整ってきます。

2週間程度、ビフィズス菌の唯一の栄養素であるオリゴ糖を飲み続ければ、腸は正常な機能を取り戻してくれるはずですよ。


⇒ コロコロ便をスッキリ解消させる方法はこちら




スポンサーサイト
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © 便が固く、出てもコロコロ便・・・その原因と解消法 All Rights Reserved.
自宅で簡単に口座開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。